車検という制度の必要性について

自動車検査登録制度とは、ミニカーや小型特殊自動車を除いた、自動車や排気量を250cc超えた自動二輪車に対して、

保安基準に達しているかどうかを確認するために国土交通省が一定期間ごとに検査をする制度のことです。

http://www.mfroisemont.com/

一般には、車検と呼ばれています。 日本においては、この車検を通れななっかた車両は、公道を走行することができません。

また、登録を受けないと自動車の所有権を、第三者に対して提示することができないのです。

所有権を主張できないということは、公道を走行させることもできずに、売却などを行うこともできないということになります。

検査の種類は、新規検査・予備検査・構造等変更検査・継続検査に分けることができます。

この中で一般的に車検として、周知されているのは、継続検査と呼ばれている種類です。

使用中の自動車の検査証の有効期間の延長のために行われる検査のことです。

同じ車両を一定の期間を継続して使うために行います。